2018.08.02

jazz

...

ROSIERのものづくりはジャズの演奏に似ている。

ジャズを構成しているのは、コードとアドリブ。
コードとは作曲されたメロディー、アドリブとはプレーヤーが即興で自由に演奏することを指す。

それは言わばトラッドとモードの融合。

コレクションは毎シーズン変化してもコードは不変。
ステッチワークやカラーリングのルールで、今と過去のアイテムも難なくミックスできるROSIERのスタイリングは継続的で色あせない。

私たちはヨーロッパ各地を旅しながら、現代では再現できない貴重な文化に触れ、「今」と言うモードを通して、東京から発信している。

ジャズが「世界中の音楽」と混じり合い、その形を常に変えながら現在まで残っているように。